【必要経費をグッと削減】貸倉庫なら使用用途に合わせて選ぶべし

購入後は手続きを忘れずに

男の人

様々な用途に応じらます

法人向けコンテナの販売はその大きさも様々です。主に10ftコンテナはその大きさも手頃で売れ筋となっています。もちろんそれを超えるサイズも大手海運会社から仕入れることもできます。販売されるコンテナの用途は法人によって様々ですが、倉庫や物置はもちろん、バイクやガレージ、店舗やコンテナオフィスのようなニーズにもカスタマイズが可能です。またお手頃な中古コンテナ販売もあります。折角、業者に販売してもらったコンテナですが、購入後のコンテナを利用した建築物は建築基準法第2条第1 号の規定により申請手続きが必要ですから忘れないで下さい。これはコンテナを利用する上において構造耐久性の安全を確保しているかがポイントとなります。地震などに対して構造耐久力が十分にあるか、腐食などしていないか。コンテナを鉄筋コンクリートなどの基礎に緊結し、その利用に作用する荷重及び外力を安全に地盤に伝えること。コンテナに開口部を新たに設けることにより構造上支障が生じる恐れがあるものは補強をするものとなどとなっています。この基準さえクリアできれば、プレハブや組み立て式ハウス、仮設、住宅や事務所などその使い道は幅広いのです。また設置場所に応じて自由にレイアウトも変更できます。特にコストを考慮するなら仕入れから修理・加工・販売・配送設置まで自社で対応している会社を選びましょう。購入後のメインテナンス相談ができることで安心して購入できます。

Copyright© 2018 【必要経費をグッと削減】貸倉庫なら使用用途に合わせて選ぶべし All Rights Reserved.